ニュースなどのトップ記事はここに入れてください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
どーも、赤木です。昨日に引き続き書いちゃいました。このこと書くか、書かないか、自分の日記に書くか、ここに書くか迷ったけど、せっかくだからこっちに書こうかなと思いつい書いてみました。きれいごと並べて恥ずかしいんですけどね、まぁ許して。。。

俺の中で今週は今年度自動車部の第1章って感じでしたね。ブログも作り、一年生に部としての仕事もでき、この自動車部として、みんなが主役として活動していける準備は整いました。俺の中で、今までは序章って感じで、全関はドライバー主体、ほかサポート役みたいになってたけど、これからしばらく全員が主役となって活動していきましょう。俺は斎藤さんとともに、つぶれ掛けそうになったこの部活を立て直して、この一年は、種をまいて、苗を育てて、立派な木にして、そして来年の全関で花を咲かせようという思いでやってきました。芽もないところに花は咲きませんから、それなりに準備が必要なんですよ。その準備というのが、まず部員集め。そして、新歓でモータースポーツに興味を持ってもらうと。そこまでが、種まきみたいな感じでしょうか。そして、これからは新芽を育てる時期です。ここからが重要。だからここからが第1章なんです。頑張りましょう。そして来年全関、全日本と花を咲かせましょう!

ところでなぜここまで、俺がチーム作りにこだわるのか、説明します。読んでくれると嬉しいな。今まで野球の甲子園とか見てて、優勝するところってだいたいがむしゃらに練習するだけじゃなくて、監督が素晴らしくて、選手が素晴らしくて、すごいチーム力を持っているんですよ。俺は野球やってたんですけど、団体競技ってどれもチーム力が重要だと思うんです。たとえば、一見、本塁打王は個人の実力が優秀で、その人だけがすごいと思われがちですが、実はチームあってこそなんですよ。足の速いランナーが出塁して、盗塁するように見せかけ、投手に気を紛らわせ、捕手に盗塁をイメージさせ、捕手は投手に高めのストレートを投げさせる(高めの速い球が盗塁阻止しやすいからね)。これってしっかり役割分担できてる証拠ですよ。投手が最多勝利を獲得するのも、練習の時、ひたすら手が痛むのを我慢して、ボールを撮るブルペンキャッチャーがいる。レースの世界でも全く同じで、チームに勝利をもたらすドライバーがいて、それを支えるメカニックやエンジニアがいる。お互いがいて、初めてチームとして勝利ができるんです。野球もレースの世界も個人がチームとしての役割を自覚して、一つの目標に向かって努力するそれが重要だってことです。

自動車部でも同じことが言えるとおもいませんか?一見個人競技に見えますが、ドライバーがいて、サポートがいて、初めてドライバーは自分の走りに専念できるんです。サポートがいなければ、イメージトレーニングもする時間が減るし、なにより集中できません。来年の全関はドライバーになれない方は当然出てきます。でも、ドライバーは走れない人に感謝してますし、走れない人もチームのために何かできることはないか?と考えてくれると嬉しいです。今回俺はサポートしてくれたみんなに感謝してます。でも、走れない人にとっては、あまりいい思いはしないかもしれません。自動車を使った競技は金もかかるし、時間もかかる…それでも利害関係なしにサポートの人が何か出来ることはないか、と考えてくれるためにはどうしたらいいかと考えてましたが、答えはみんな一致団結できるチームの雰囲気にすればよいということです。そのためにはこの自動車部生活を楽しんでもらって、チーム力を養う、それしかないなと。だから全関が終わった今、みんなが主役で、思う存分楽しんで、いいチームにしていきたいと思います。いいムードになれば、なんで金払ってるのにいつもドライバーばかり…とか想わなくなるんじゃないでしょうか。要は、走れても、走れなくても、その体験は自動車部でしかできない体験って思えるようになればうれしいということです。逆を返せば、自分で走り、ただひたすらに結果だけ追い求めて行きたいのであれば、それは自動車部じゃなくて個人でやればいいということです。もしそうだったら、自動車部じゃなくて速い人と集まって走ればいいし、一人で大会に出ていけばいい。もちろん個人で自主的に大会出るのは大いに結構です。速い人と走るのも大いに結構です。でも、みんないるからこそできる。みんながいなくてはできない。それを車を通じてできるのが「自動車部」でしょ?だからこれから新入生にも自動車部人生を楽しんでもらって、その上で、「今自分にできることは何か?」とひたすら自分に問い続けて、チーム力を向上できたらなと思います。

ちなみに、その楽しい思いを一人でも多くの人に分かってもらうためには何が必要かってなった時に、自動車部ではやっぱり車なんですよね。だから「トレノ」を買いました。一人暮らしや、金銭的にどうしても厳しい人、それは人それぞれでみんながみんな車を持てるとは限りません。でも、せっかく車に興味を持ってもらった人たちに車を通じて味わえる楽しさを分かってもらえるために、と思って、「車持ってないしきびしいかな…」という壁を取り払うためにトレノを買ったんです。女子の中にも本当は車に興味がある人もたくさんいるでしょう。でも「女子の私にはちょっと無理かな…」という壁がると思うので、深江さんにはその壁を破る見本となってもらいたいですね。興味があるけど自分で壁を作ってこの楽しい世界に飛び込めないのは残念です。現代社会のようにバリアフリーにしたからには、これからも少しでも興味を持った人はじゃんじゃん勧誘しましょう。

長くなりましたが、俺が今思ってるのはこんな感じです。うまく言葉にし切れない部分が多々ありますが、それはこれから自分たちで、見て聞いて肌で感じ取ってください。そしてそれらをうまく後輩たちに伝えてください。伝統が一度切れてしまった以上、また作るので、ちゃんと継承してくれるとうれしいな。

                                                               赤木
スポンサーサイト

|06-11|雑記コメント(5)TOP↑
この記事にコメント
内容にはたいへん同感なんだ。でもね、
ちょっと な が す ぎ w
From: 辻さん@主将 * 2010/06/11 01:52 * URL * [Edit] *  top↑
敢えて何も言うまい・・・
From: 早川 * 2010/06/11 02:45 * URL * [Edit] *  top↑
赤木さんの思い十分伝わりましたよ(^O^)/
これから一致団結して頑張りましょうね♪
From: 深江 * 2010/06/11 08:18 * URL * [Edit] *  top↑
ブログすげーカッコいいね!
Kまざわとは大違いw
影(?)ながら応援してますよ

がんばってねー

Kのブログも貼っとくので見てね
From: Kからきました * 2010/06/12 11:56 * URL * [Edit] *  top↑
>Kからきました
どうも、上智大自動車部のWeb担当の早川です。
応援ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。
From: 早川 * 2010/06/13 00:09 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可

Flashカレンダー

プロフィール

上智大学自動車部

Author:上智大学自動車部

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。