ニュースなどのトップ記事はここに入れてください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
最近内定が決まったが、卒業が非常に危うい某4年生がブログを更新しろー!!!と騒ぐので一筆(笑)

4月29日の練習へ向かう途中いろいろあって(略)事故った私のEK9ですが、復活計画②です。

さて、まずは準備準備。

DSCF0203_convert_20110626002730.jpg

多種多様なマイラチェット。え?こんなにいらんだろって?いや~O山さんの影響で工具集めにはまってしまって。。。というか整備するたび、工具が増えていきます(笑)上からKTC、コーケン、KTC、スナップオン、アストロ、シグネット、アストロと、用途によっていろいろ使い分けてます。

ここにはないけど実はちょうどいいサイズだと思って買ったアストロのラチェット、ミッション一回降ろすのに使っただけで、首振り部分が開いてがた出たのか、ミッションオイルのドレンあけようとしただけで首が飛びました。。。わずか2カ月。。。なむ~。安物の銭失いとはよく言ったもので、耐久性あり、首振りかつ首振りロック機構なし、足回りのボルト緩めたりしめるのにに適切な300mmくらい、歯数72、のものを探していたら・・・こいつしかいなかった!!!
DSCF0204_convert_20110626002752.jpg

スナップオン!!!!金ないのに買っちゃったよ!口座残金一時1000円きったよwwネットで新品10000円、しかもスナップオンは永久補償。一生もんの相棒だぜ!アストロのくそラチェット3500円よりずっといいよ。しかしスナップオン神だね。超使いやすい!

あと足回りの部品で必要な12mmのシグネットのヘックスを買うついでに手ごろなサイズのラチェットもほしかったので、こいつも買ってしまった。
DSCF0205_convert_20110626002850.jpg

こっちは2000円。でも軽くてギア歯数60、全長200mmで使いやすいし、値段以上に働いてくれる優れ物。

そういえばなんかに似てるなと思いきや・・・
25960181_1081885366_168large.jpg
こちらはマイ筆君たち。最近以前(だいぶ昔だけど)やっていた書道を自分の中で復活させ、主将ながら書道部にたまに首を突っ込む赤木君です。あ、ちなみにメインストリートに貼ってある書道部のこのポスター?僕が書きましたww←いいのか?皆さんご存知でした?
25960181_1101702022_96large.jpg


ともかく、とりあえず、自分の車の前にYのTや先生に言われたようにサイドブレーキの加工に着手するため部車のサイドブレーキをちゃちゃっとばらす!
DSCF0206_convert_20110626002903.jpg

とりあえず、O山師匠に改造案を出してもらうため、これにていったん放置。どう溶接して延長するか現在作戦考案中・・・

さて次は自分の車。リアロアアームはピロケースごとゆがみ使い物にならんので、高いピロもゴミばこいきで、しかたないから左右ともヤフオクで安い百式自動車のものに統一しました。なんかおまけに超好みの色。ダンパーと良く似合うね。
DSCF0210_convert_20110626003013.jpg

リアロアアームの交換と、右トレーリングアームブッシュをひんまがったアームから移植は前回終わったので、今日はリア、フロントスタビ交換&フロントロアブッシュ打ち変え。と思いきや、O山さんが、S2000のギアをばらしており、最近の授業はまさにこのギアの話ばかりなので、1時間以上の特別講義をうけましたww時間たちすぎて「お互い作業すすまね~じゃねかよ!」ってなって終わりました(笑)

さてリンクの取り外しがめんどくさいスタビ交換。リアは比較的簡単なんですがね。でもリンクを2度も方向間違えて「ばぁろー」と怒られましたorzでもかなり細くなりましたよ。クスコ製です。これは某全日本、地区戦に参戦中のEK9のりの方から事故る前日に安くいただいたもの。他にもRIGIDのタワーバーとフジツボエキマニを安くもらいました。リアタワーバーの写真はありませんが、エキマニもいい感じです。まぁつけてからまだ走れるまでに至っていませんがね。。。
DSCF0211_convert_20110626003028.jpg

DSCF0215_convert_20110626003101.jpg
ちょっとSA車両っぽくなってきましたね~

さて、フロントはめんどくさい。触媒、シフトリンケージを外さないと交換できない!めんど~。ともあれ、ネットの解体屋から買ったEK3の純正スタビ。なんかジムカーナ車両はスタビ柔らかいほうがいいらしい。SAのEK9みんなこんな仕様だし。
DSCF0214_convert_20110626003046.jpg


そして肝心なフロントロアアーム。ブッシュの位置がずれているから、縁石に下回りヒットした衝撃でずれたかと思いきや、もともとこの位置で溶接したあった。
DSCF0208_convert_20110626002956.jpg

奥のは自分の。手前はコムドライブの強化ブッシュ入りアームに全交換したEK9乗りの親しいお客さんからお古をただでいただきました。計測結果、やはり自分のアームには若干のゆがみがあるので、右フロントのみこちらに打ち変えようかと思います。ヒットした部分が見事にさびてますね。ちょっと膨らんでるし。ちなみにリアのトレーリングアームとロアアームは自走不可なほどゆがんでいたので板金屋で新品入れました。おしいことにEK9の全アームが手に入ったのはその1週間あとでした。おしい!!スペアたくさんあるので必要な方はご連絡を。とりあえず、今日は純正ブッシュを抜くだけで終わってしまったので、明日頑張ります。
DSCF0207_convert_20110626002935.jpg

という感じで、黄色EK9の復活にはもう少し掛かります。いろいろあって事故りましたが、あと少しでちょっと速くなって戻ってきますので、もうしばらく見守ってください。

赤木

スポンサーサイト
|06-26|雑記コメント(0)TOP↑
日曜日にカートに行ってきましたー

メンバーは早川、斉藤、そして期待の新入生、上田くん!

今回走りに行ったのは埼玉のおなじみクイック羽生です

モータースポーツ経験のない人でも本格的に走れちゃうレンタルカート場で、メットやグローブも貸し出しているので手ぶらでオッケー。しかもフリーパス購入で一日走り放題!走りまくるぞー!



…日曜日ということで案の定めちゃめちゃ混んでましたーぎゃー


長蛇の列に焦らされながらようやく走行順。
ひさしぶりのカートにテンション上がりまくりです!
テンション上がりまくりで写真撮り忘れましたサーセン!

いやー、やっぱみんなで走るカートは楽しいね

写真がないから参考までに去年の写真でも

カートしんかん
DSC01419.jpg
カート大会

こんなかんじです


新入生もガンガン走行していました。え、あそこブレーキしないんですか?なんて最初言ってましたが終盤は全開でカウンター当ててみたりとなかなか。4輪免許早く取れるとイイネ。これからに期待ダネ。


ちなみに当日来ていたお客さんの中には小学生くらいのお子さんもいました。HAEEEEEEEEEEEEE!!!!!
パワーウェイトレシオ、これ恐るべしです。

2人ともおつかれさま!また行きましょう!



@EG6




|06-22|練習コメント(0)TOP↑
どうも、意図せず照明ONで走行してしまった斉藤です。

5月29日、富士スピードウェイ・ジムカーナコースにて2011年度全関東学生ジムカーナ選手権が開催されました。


今年も静岡に前泊です。場所は…ひみつw
今年はゲートオープン前に受付で、受付の順番=朝車検の順番=車検終わったとこからコース図GET!というようなシステムになっておりまして、一早くコース図を受け取りコースウォークへ向かうため、前泊で時間に余裕をもって会場へ。


スタートライン


当日は生憎の、もとい相変わらずの大雨での開催となり、コンディションは一日を通し雨足が強く、ドライバーの技術が非常にモノをいう大会となりました。


あかぎし出走前  いざスタートラインへ


慣熟歩行を十分行い、午前一本目の走行がスタート。男子の部は午前第一走者・大会初出場となる早川が1分14秒43とまずまずのタイムを出し、続く第二走者・斉藤が1分9秒31と午前暫定で個人5番手、第3走者・赤木が1分9秒65と、10秒切りのタイムを続けて叩き出します。

一方、土砂降りのコンディションの中、午前は他校のミスコースやスピンが続出し、上智は駒澤に続いて団体2位で午前の走行を終えます。近年の強豪校を差し置き団体上位に躍り出た上智や駒澤の台頭に会場は一時騒然となりました。


女子の部では単独初参加となる2年奥村が当人には珍しく1本目でまさかのミスコース、残り午後1本の走行に追い込まれた状態で午前を終えます。

昼休憩の間に再び慣熟歩行を行い、午前の走行の反省を踏まえ、ヘビーウェット下で無理にサイドブレーキでリアを流して小回りするのではなく、なるべくタイヤのグリップを生かし走行する方向に走り方を修正することに。

EK.jpg



続く午後の第2ヒート、第一走者早川は走行法の修正の効果か、1分12秒78と午前から1秒強ほどタイムを縮め走行を終えます。続く斉藤は、270°ターンセクションで失敗、大きくリアが出てしまいます。他はそれなりにまとめて1分9秒15とわずかにタイムを更新。
そしていよいよ第3走者、主将赤木に命運は託されます。赤木は1分8秒63という上智のベストタイムを叩き出しました。しかし、決死のアタックの最中、まさかのパイロンタッチを取られてしまい午前の9秒台のタイムが適用されることに。
強豪校も負けておらず、各々続々とタイムを更新します。例年になく激しい順位の入れ替わりが起こる中で、男子団体の部は最終的に6位と合計2秒差で団体入賞を逃す非常に悔しい結果となりました。

女子の部では奥村が1分19秒40というタイムで無事走行し、他校の女子部員を差し置いて2位、みごと準優勝を勝ち取りました!
YOKO準優勝おめ!


今回の大会では事前練習にOB山野哲也さん、浅井崇にお越しいただき、その的確なご指導のおかげもあり各々の部員は技術向上を果たしてきました。
しかしながらウェットコンディションでの走行経験不足が浮き彫りとなり、男子の部は実力を十分に発揮できないまま入賞を僅差で逃す非常に悔しい結果を招いてしまいました。特にターンセクションで大きくタイム差がついていたことなどが後の走行解析から判明しています。今後は雨を味方にすることができるよう、ウェットでの走りを課題の一つとして各々8月に三重県鈴鹿で行われる全日本大会に向けた練習に励みたいと思います。


ご指導いただきました山野さん、浅井さん
前日から積車を運転、サポートしていただいた峯さん
当日応援に駆けつけてくださった高瀬さん

ありがとうございました!
今年度こそ夏の全日本大会に出場し、何としても結果を残すため部員一同、精一杯練習に励みますので今後とも何卒ご声援よろしくお願いいたします。
16904539_1164075967_148large.jpg



大会結果

男子個人の部           男子団体の部
優勝 千葉工業大学 1分4秒81  優勝 慶應義塾大学 3分24秒64
2位 芝浦工業大学 1分5秒77   2位   中央大学  3分24秒86
3位 中央大学    1分6秒26   3位   駒沢大学  3分24秒90

女子個人の部            女子団体の部
優勝 東京農業大学 1分14秒59  優勝 学習院大学   3分28秒06
2位 上智大学     1分19秒40
3位 中央大学     1分19秒81

上智大学 Sophia Comdrive シビック

男子個人の部:
第一走者 早川仁    1分12秒78 35位 /57
第二走者 斉藤陽大  1分09秒15 15位 /57
第三走者 赤木享慈  1分09秒65 19位 /57

男子団体の部:     3分31秒58 団体7位/19校中

女子個人の部 
第一走者 奥村陽子   1分19秒40  2位 /9 準優勝



おまけ
いってきます!koma.jpg





|06-19|大会コメント(0)TOP↑

Flashカレンダー

プロフィール

上智大学自動車部

Author:上智大学自動車部

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。